ブランク可の薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 人気の求人条件から探す > ブランク可の薬剤師求人

ブランク可の薬剤師求人の探し方

ブランク可

ここでは、ブランクから復職しようとお考えの薬剤師の方々のために、ブランク可の求人の選び方やポイントをご説明していきます。

出産や子育てを終えて、薬剤師として復職しようと思うものの、ブランク期間が不安でどのように転職活動を進めればよいか分からない方や、まずはパートから始めるべきか、いきなり正社員で転職して大丈夫かなど、色々とお悩みの方も多いのではないかと思います。

現在の薬剤師採用市場は売り手市場ですから、多くの薬局や病院、ドラッグストアなどが薬剤師の採用に困っている状況です。

そのため、薬局や病院の中には少しでも薬剤師採用のハードルを下げるために「ブランクOK」として求人を出しているところも多いのですが、たとえ「ブランクOK」の求人であったとしても、ブランクがあった方が転職後にスムーズに業務に取り組んでいけるかどうかは分かりません。

医薬品業界は常に速いスピードで変化しているため、ブランク期間中に様々な環境が変わり、あなたが持っている薬剤師としての知識や専門性が既に陳腐化してしまっている可能性もあるのです。

ブランク明けからスムーズに薬剤師として復職をするためには、下記のポイントを意識するのがおすすめです。

ブランク明けの薬剤師がスムーズに復職するためのポイント

ブランク明けの方は、下記の視点からブランクOKの求人を選ぶことをおすすめします。

  • 研修体制がしっかりしている
  • 薬剤師が複数いてフォローしてくれる
  • 単科の調剤で、総合は避ける
  • 派遣社員からスタートする

それぞれの項目について、詳しく説明していきます。

研修体制がしっかりしているところを選ぶ

薬局の中には、ブランク明けの薬剤師の方々のために無料の復職支援スクールを用意するなど、充実した研修体制を整えているところもあります。

復職支援プログラムでは待合室や調剤室などの職場見学から始まり、現行の医療保険制度の説明や調剤の体験、処方監査、薬歴管理、服薬指導など、薬剤師として現場で働く上で必要となるスキルや知識を再度学び直すことができます。

このように、ブランク明けの方でもスムーズに業務に入っていけるようにしっかりとした研修プログラムを用意している薬局を選ぶのがおすすめです。

薬剤師が複数いてフォローしてくれる

薬剤師が複数在籍しており、入職後も業務面で色々とフォローしてくれるところを選ぶようにしましょう。ブランク明けで入職する場合、基本的にはほとんどの薬局や病院が考慮をしてくれるとは思いますが、中にはブランク明けにも関わらず薬剤師が不足しているためいきなり最初から一人で調剤や処方監査を任されて非常に戸惑ったという体験をした方もいらっしゃるようです。

ブランク明けの場合、仕事の勘も鈍っており調剤過誤につながってしまう可能性もあるため、出来る限り最初は補助的な業務から入らせてくれるような薬局を選ぶようにしましょう。

単科の調剤で、総合は避ける

ブランク明けで復職した経験がある薬剤師の方から良く聞くのは、「ブランク明けの場合は開業医クリニックの門前薬局などで単科の調剤から始め、いきなり総合病院の門前薬局で働くのは避けるべき」というアドバイスです。

単科の調剤であれば処方の種類が多くないためすぐにキャッチアップができますが、総合病院の門前薬局の場合、応需科目も多岐に渡る上、業務も非常に多忙なので、ブランク明けには負担が大きい可能性があります。

以前に総合病院の門前薬局で勤務していた経験があり、ブランク期間も短い方などであれば別ですが、調剤業務などにあまり自信がない方は、総合門前は避けてまずは単科の調剤から復職するのがおすすめです。

派遣社員からスタートする

いきなり正社員として働くのは不安という方は、まずは派遣社員からスタートするという手もあります。派遣社員であれば基本的に残業もないので肉体的な負担も多くありません。

また、派遣会社が開催している研修プログラムを受講して、事前に知識やスキルを身に付けたうえで復職することもできます。

現在の薬剤師市場は売り手市場なので、派遣社員からスタートしてもある程度経験とスキルを積んで、ブランク期間の穴埋めができれば、その後に正社員として再就職することはそこまで難しくありません。

まずは派遣社員として働き、最終的に正社員に戻るというステップを踏んだ形での復職もおすすめです。

復職支援プログラムを用意している薬剤師転職エージェントに相談しよう

薬剤師転職エージェントの中には、ブランクからの復職意欲を持っている薬剤師の方々のために、復職支援研修プログラムを用意している会社や、復職支援セミナーを開催している会社もあります。

たとえば日本調剤グループのファルマスタッフでは、ブランク明けの薬剤師の方のためのオンライン教育プログラム「JP Learning」を用意しています。

オンラインであれば、子育てや家事に忙しい主婦の方でも、自宅に居ながら復職の準備をすることできるので大変おすすめです。

ファルマスタッフのホームページを見る

このように、ブランク明けの薬剤師もしっかりとフォローしてくれる薬剤師転職エージェントを最大限に活用しつつ、ブランクOKの求人の中でもしっかりとした受け入れ態勢を持っている薬局や病院を探し、ブランク期間や過去の経験を考慮しながら最初はあまり無理をせずに働ける職場を選ぶことが、ブランク明けの復職で失敗しないためのコツとなります。

ブランク明けからの転職をお考えの薬剤師の方々は、ぜひ参考にしてください。

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。