漢方薬局の薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

漢方薬局の薬剤師求人の探し方

ここでは、漢方薬局の薬剤師求人をお探しの方のために、漢方薬局求人の選び方やポイントについてご説明していきます。

美容や健康意識の高まりや漢方ブームなどの影響で漢方がより身近になってきたことで、最近では漢方医学や中医学に興味をお持ちの薬剤師や薬剤師志望の方も増えてきています。

薬剤師求人市場の中では漢方を扱える求人はそこまで多くありませんが、最近では若い女性向けにお洒落なカフェやレストランなどを併設して、新しいスタイルで漢方に触れてもらおうとする薬局が出てくるなど、徐々に漢方の求人にも広がりが出てきています。

漢方薬局のパターン

漢方薬局のパターンとしては、大きく下記の2つに分けられます。

  • 漢方専門薬局
  • 東西和合型薬局(西洋医学+漢方薬局)

前者の場合は、基本的に漢方を専門に扱っています。漢方薬メーカーが運営している薬局もあれば、漢方専門のチェーン薬局や、漢方薬剤師が独立した薬局など様々です。

後者の場合は、漢方だけではなく、西洋医学に基づいた医薬品の処方も行っています。

また、一般的に漢方薬局と言えば漢方相談によるオーダーメイド処方を重視している薬局が思い浮かびますが、中には相談漢方の取り扱いはせずに、エキス剤を完備しているだけのところもあります。

漢方専門薬局の場合は基本的に漢方の専門家として働くことになりますので、漢方医学、中医学に対する専門性は身に付けることはできますが、個人的な努力をしない限りは、新薬に関する知識などは身に付けられません。

後者の場合には新薬の知識なども身に付けつつ、漢方の処方スキルも身に付けることができますので、両方を経験したいという方には良いかもしれません。

漢方薬局求人のメリット

漢方薬局で薬剤師として働くメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 漢方医学・中医学に関する専門知識が身に付けられる
  • 患者の相談に乗りながらオーダーメイドの処方に携わることができる
  • 扱える漢方製剤の種類が多い

一般的な調剤薬局では医師の処方に従って薬を患者さんに渡すだけなのに対して、漢方薬局の場合は患者の方の症状や希望に合わせて薬剤師が漢方を選び、配合を調節することができます。その点では薬剤師としてとてもやりがいがあります。

患者とじっくりコミュニケーションをとりたい方や漢方に強い興味があり、漢方のスペシャリストとして活躍していきたい方にはおすすめです。

一方で、デメリットとしては下記が挙げられます。

  • 処方箋以外の漢方薬については登録販売者でも扱うことができる
  • 新薬に関する知識・スキルなどは身に付けづらい
  • 漢方薬局以外への転職が難しくなることも

漢方専門薬局の場合、やはり知識が漢方のみに偏ってしまうので、その後の転職の選択肢が狭まってしまう可能性はあります。

漢方薬局求人を探す際のポイント

漢方薬局の求人にも様々なタイプのものがありますので、漢方薬局の求人を探す際には下記のポイントを確認するようにすると良いでしょう。

  • エキス剤だけではなく、きざみ煎じ薬の処方箋も扱っているか?
  • 生薬は何種類以上扱っているか?
  • エキス剤は何種類のメーカーから取り揃えているか?
  • 漢方調剤だけではなく東洋医学や最新新薬についても勉強ができるか?
  • 漢方相談を受けているか?(相談業務に力を入れているか?)
  • 未経験者向けに研修会やOJTが充実しているか?

エキス剤だけではなくきざみ煎じ剤の処方も扱えるかどうかは漢方薬剤師にとって仕事のやりがいに大きくつながる部分なので、ぜひとも確認したいところです。

また、漢方未経験の方は、未経験者向けの堅守会やOJTなどを充実させているかなども確認しておくとよいでしょう。研修が充実している薬局では、成約額の研修や漢方研修、臨床研修などの各種研修会に参加できるだけでなく、漢方の学会や講演会などにも積極的に参加しているため、より早く漢方に対する専門性を身に付けることができます。

そして、漢方医学だけではなく最新新薬についても学びたい方は、東西和合型の薬局を選ぶようにします。

「漢方薬局」ではなく「漢方」に興味があるという方は違う道も。

漢方薬局で働き、病気や悩む患者の方と継続的にコミュニケーションをとりながら徐々に症状が改善されていく手伝いをしたいという方は別ですが、純粋に「漢方医学」に興味があるという方であれば、漢方薬メーカーの研究開発やMRへと就職・転職するというのも一つの手です。

漢方薬局求人を探す際は薬剤師転職エージェントに相談しよう

漢方薬局の求人はそこまで数も多くなく、非公開求人となっているケースも多くあります。

また、漢方薬局の中でも漢方専門、東西和合、きざみ煎じができるところ、できないところ、メーカー運営の漢方薬局、漢方相談を受けており、不妊症をはじめとした婦人科、皮膚科、ダイエットに精通した専門家を常駐させているところ、など薬局によって体制や処方スタイルは大きく異なってきます。

実際の職場の雰囲気や研修体制、薬局の方針などは求人情報だけからでは分かりませんので、薬剤師専門転職エージェントに相談するのが一番です。

ぜひ転職エージェントを活用して、自分の希望にフィットする漢方薬局の求人を見つけましょう!

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。