新卒薬剤師でも応募可能な薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 人気の求人条件から探す > 新卒可(新卒薬剤師でも応募可能)

新卒可(新卒薬剤師でも応募可能)な薬剤師求人の探し方

新卒OK

ここでは、新卒でも応募可能な薬剤師求人をお探しの新卒薬剤師の方のために、新卒可の求人の選び方やポイントをご紹介していきます。

2012年、初めて採用マーケットに出てきた6年制薬学部の卒業生である新卒薬剤師の採用に向けて、薬剤師不足に悩む調剤薬局やドラッグストア、病院などは受け入れ体制の準備を進めてきました。

大手ドラッグストアチェーンの中には新卒薬剤師に600万円の年俸を提示し、話題になったこともありました。

中途採用市場における薬剤師の採用が非常に困難な状況が続いている中、企業からの新卒薬剤師に対する期待は高まり続けています。

しかしその一方で、現実には2012年4月から社会人として働き始めた初の6年制薬学部卒業生である新卒薬剤師のなかには、入社前のイメージと入社後の実際の仕事のギャップに悩み、既に転職を検討している方も少なくなりません。

新卒でも応募が可能な薬剤師求人は多く存在していますが、実際にそれらの求人の中から自分にフィットしていて、入社後も長く働けるような求人を見つけ出すためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ここでは、新卒可の求人に応募する際の注意点について、代表的なポイントに絞ってご説明していきます。

新卒可の求人を選ぶ際のポイントは、下記の3つとなります。

  • イメージではなく、具体的な仕事内容を把握する
  • 教育・研修体制が充実しているかを確認する
  • 職場の年齢構成を事前に把握しておく

それぞれのポイントについて、詳しく説明していきます。

イメージではなく、具体的な仕事内容を把握する

仕事内容を把握する

新卒の場合は、インターンシップやアルバイトなどを除けば、実際の業務経験はありませんので、どうしてもイメージ先行の業種選び・仕事選びとなりがちです。

例えば、新卒薬剤師の場合、就職先としてドラッグストアは顕著に人気がなく、その逆に病院薬剤師はとても人気があります。

しかし、いざ入社をしてみると、病院薬剤師でも1日中調剤室にこもりきりとなり単調な仕事に嫌気が差してしまう方や、給料の安さと当直・残業などの労働環境のハードさとのアンバランスに耐えられず、すぐに辞めてしまう方も少なくありません。

逆に、ドラッグストアは、たとえ調剤併設であったとしても、店舗管理や在庫管理など一般的な業務も担当しなければいけないので専門性が身に付かないとして敬遠される傾向にありますが、実際にはドラッグストアのなかにも在宅医療への取り組みを進めている企業や調剤業務に注力している企業もありますし、通常の店舗管理や在庫管理、販促などの薬剤師以外の業務にやりがいを見出している方も多くいらっしゃいます。

そしてこれは就職すれば分かることですが、何より給与水準は仕事のやりがいやモチベーションに大きく影響していますので、新卒でも500~600万円の給与を提示するようなドラッグストアもある現状では、一般的に考えられているほど悪い選択肢ではないのです。

業務経験がない以上、イメージ先行となるのは仕方がありませんが、入社とのミスマッチが起こらないように、出来る限り事前に具体的な仕事内容を把握し、自分の想像と差異がないかを確認するようにしましょう。

その際の注意点となりますが、具体的な仕事内容や職場の環境については、ホームページなどを見ていても本当のところはほとんど分かりませんし、応募企業の採用担当者に質問をしてみてもポジティブな内容しか返ってこないことがほとんどなので、第3者の目線から客観的にアドバイスをしてくれる、薬剤師転職エージェントに相談するのがおすすめです。

また、同じポジションの求人でも、応募者が業務未経験者か経験者かによって、配属や仕事内容が変わるケースもあります。

例えば、病院薬剤師の募集求人では、未経験者の場合は病棟業務ではなく、最初は外来から勤務をスタートするなどのように、候補者の経験やスキルに応じて入社との仕事内容や条件を変える求人もあります。

求人情報の表面的な部分だけを確認するのではなく、入社後にはどんなスケジュールで、どのような仕事内容を担当することになるのか、出来る限り具体的にヒアリングするのがポイントです。

逆に、これらの質問に対して明確な回答を出せない企業や病院は、そもそも新卒薬剤師を受け入れるような内部の体制が整備されていないことの裏返しでもありますので、入社は慎重に検討するようにしましょう。

教育・研修体制が充実しているかを確認する

教育・研修体制

新卒可の求人に応募する場合には、その企業の教育・研修体制がどの程度充実しているかも確認しておきましょう。

業務未経験からスタートする場合には、いきなり即戦力として活躍することはできません。

薬学部在学中の実習で現場の経験を積んでいたとしても、やはり実習生としての立場と、実際の薬剤師としての立場は大きく異なります。 一定期間は教育・研修を受けなければ、スムーズに現場業務に関わっていくことは難しいのです。

しかし、薬局や病院の中には、新卒薬剤師の受入れ体制があまり整っておらず、教育・研修なども整備されていないところも少なくありません。

薬剤師の確保に困っているからという理由だけで「新卒可」と求人募集条件を広げているものの、実際には十分な受入れ体制もないまま採用活動が展開されているケースは決して珍しくないのです。

もちろん、入社後のOJTも重要ですが、入社後もろくな研修・教育も受けられず、順調なスタートが切れないと、そのままずるずるとスキルも身に付かず、重要な業務も任されないまま年月が過ぎてしまうという可能性もゼロではありません。

業務未経験の場合は、自分自身で積極的に勉強したり研修会に参加したりと自己研鑽することや、先輩社員に関わり合いながらスキルを身に付ける機会を作り出していくという努力はとても大切ですが、会社側の体制についてもしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人募集を出している薬局や病院、ドラッグストアの中には、表面的に「教育・研修制度が充実」「入社とのフォローアップも充実」「未経験でも安心」などと謳っているところが多いのですが、実際にその制度は運用されているのか、フォローアップ体制とは具体的にどのような体制なのか、など、より具体的な内容を薬剤師転職エージェントに確認してみるのがよいでしょう。

職場の年齢構成を事前に把握しておく

年齢構成

新卒薬剤師の場合、意外と大事なのが、入社後に配属される職場の年齢構成です。配属された職場のスタッフや薬剤師が、自分とあまりに年齢がかけ離れているがために、仕事のやりづらさを感じている新卒薬剤師の方は少なくありません。

自分より大きく年が離れている先輩社員には気を使いますし、気軽に相談できるような関係を築くことが難しいこともあります。

調剤薬局や病院の調剤室などは、特に少人数で働く職場となりますので、職場の人間関係が仕事のやりがいやモチベーションに大きく影響してきます。

入社後もやりがいを持って仕事に取り組むためには、職場の年齢構成などについてもできる限り事前に把握しておくことをおすすめします。

また、こうした情報はホームページを見ても決して分かりませんので、薬剤師転職エージェントに聞いてみるしかありません。

薬局や病院とのリレーションが強い薬剤師転職エージェントは、紹介先の職場の年齢構成はもちろん、配属部署の上司の性格や、過去に入社した方からヒアリングしたアンケートから得られた、実際の職場の雰囲気やいいところ、悪いところなど、一般には公開することができない情報を数多く保有しています。

こうしたリアルな情報を得るためには、薬剤師転職エージェントに登録するのが一番です。ぜひ転職エージェントを有効に活用して情報収集を行い、入社後のミスマッチの可能性をできる限り減らしましょう。

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。