薬剤師の業種別平均年収相場を知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の年収事情 > 薬剤師の業種別平均年収相場

薬剤師の業種別平均年収相場

薬剤師の年収は、一般的に他の職種と比較すると高めと言われることが多く、実際に年収面の魅力を理由に薬剤師を目指す方も多くいらっしゃいますが、実際のところ、薬剤師の年収相場はどのようになっているのでしょうか。

薬剤師の年収は、どの業種で働いているかによって変わってきます。薬剤師の方々が働いている代表的な業種としては、下記の4つが挙げられますので、ここでは下記の4業種別に、薬剤師の平均年収相場について見ていきます。

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 病院
  • 製薬会社

薬剤師の業種別年収相場の一覧比較表

薬剤師の就業先として代表的な調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社の4業種について、それぞれ初任給の相場、初年度年収の相場、平均年収の相場という3つの観点から比較してみると、下記のようになります。

調剤薬局
ドラッグストア
病院
製薬会社
初任給の相場
22万~30万
25万~35万
20万~25万
22~25万
初年度年収の相場
350万~400万
350万~450万
300万~350万
300万~350万
平均年収の相場
400万~650万
400万~700万
400万~650万
400万~800万

平均年収相場が高い業種を順番に並べると、「製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局>病院」という順番となります。

もちろん、実際の年収相場は地域によって大きく格差がありますし、企業の規模や資格の有無、経験やスキルなど様々な要素によって異なるため、あくまで目安として参考にして頂ければ幸いです。

業種別の年収相場と人気度の関係

ここで注目しておきたいのは、業種別の平均年収と、その業種はどの程度薬剤師から人気があるか、という両者の関係性についてです。

例えば、病院は年収面で考えると他の業種と比較してあまり恵まれているとは言えませんが、それでも新卒薬剤師を中心に、就職先・転職先として病院は人気が高くなっています。

やはり、医療現場の最前線で医師や看護師などの医療専門職スタッフと共に活躍できるという職場環境や仕事内容が、年収の低さを補う魅力となっているようです。

一方で、製薬会社の場合、特にMR職などは高給が望めるものの、薬剤師資格の方からはそこまで人気がありません。

MR職の場合、薬剤師の資格がなくてもできる仕事であり、薬剤師としての専門性を発揮できないと考えている方や、MR職の仕事内容に興味が持てないと感じている薬剤師の方も多いようです。

また、ドラッグストアも、病院や調剤薬局と比較すると年収相場が高くなっています。

全国にチェーン展開している大手のドラッグストアを中心に、ドラッグストア各社が薬剤師の確保に向けて魅力的な給与条件を提示していることが一番の理由です。

しかし、ドラッグストアの場合も、薬剤師としての仕事以外にも店長業務など幅広い業務を任され、薬剤師としての専門性を発揮しづらいという理由から、そこまで人気があるわけではありません。

このように見ていくと、平均年収相場が高いからといって、それが薬剤師にとって必ずしも魅力的な職場であるとは限らないということが良く分かります。

むしろ、原理原則的にはその逆だと考えるのが自然です。

どういうことかというと、薬剤師の就職・転職先として比較的人気がある病院の場合は、高い給与条件を提示しなくても自然と薬剤師が集まってくるのですが、逆に人気がないドラッグストアなどの場合は、高い給与条件を提示しなければ薬剤師を確保することはできない、ということです。

言い換えれば、給与条件の良さと人気度は、反比例の関係性にあり、需要と供給のバランスによって決まっているということです。

実際に、薬剤師の場合、地方と都市圏では地方のほうが、給与条件が高いケースが多いというのも同じ理由です。

薬剤師が年収アップを目指す場合、皆があまり行きたがらない地方やドラッグストアなど、逆張りの発想でキャリアを突き詰めていくというのも一つの手だということを覚えておきましょう。

業種別の平均年収相場の詳細を見る

業種別の平均年収相場の詳細については、下記のページを参考にしてください。

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。