薬剤師の面接対策について知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

面接対策

ここでは、面接に臨む際の注意点や、合格率を上げるために意識しておきたいことについてご紹介していきます。

薬剤師の転職市場はとても売り手市場なので、一昔前であれば薬剤師の資格さえ持っていれば面接は形式的・事務的な形で簡単に済まされ、すぐに採用ということもありました。

しかし最近では、薬剤師の数も年々増加していることもあり、深刻な薬剤師不足に陥っている地域の薬局や病院などでない限り、以前ほど簡単に面接に通過することもできなくなってきています。

志望先企業からの内定を勝ち取るために、面接は避けて通れませんので、ぜひ万全の準備をして臨みましょう。

基本的な面接対策

薬剤師だからと言って、基本的には他業種と同様に面接時に意識しておきたいポイントは大きくは変わりません。基本的な面接対策については、下記のサイトでよくまとめられていますので、ぜひ参考にしてください。

ポイントは、面接当日の対策を頭に入れるのではなく、事前の準備に時間をかけるということです。

■転職コンパス「面接対策」:
http://wag-jobworld.com/first/interview/index.php

薬剤師の面接で特に気を付けたいポイント

薬剤師の面接の際に、特に気を付けて意識しておきたいポイントは、下記の2つとなります。

  • 清潔感
  • コミュニケーション

面接というと、「何を話せばよいか」と話す内容ばかりに気を取られてしまう人が多いのですが、実際には、話した内容はあまり重要ではありません。

これは面接官を経験しないと分からないことなのですが、基本的には質問したことやその回答などについては、面接官はそれほど深く見ていません。

たった1時間程度の面接で聞くことができる内容など表面的なことばかりですし、面接の場合は候補者もある程度準備をし、構えてコミュニケーションをとるので、よほど面接慣れしている方でもない限り、本当のことを聞き出すのはとても難しいからです。

例えば面接官が「転職理由」について聞いたとします。皆さんは、事前の準備やアドバイス通りに、残業が辛かった、職場の人間関係が上手くいかなかった、などのネガティブな理由は避けて、様々な科目で調剤の経験を積みたかった、患者と直接接することができる仕事がしたいと思うようになった、などポジティブな理由を伝えるでしょう。

もちろん、それも大事な転職理由の一つであることは間違いないでしょうか、多くの面接官は、理由がそれだけではないことは分かっているのです。

実際、転職にはお金も時間もエネルギーもかかりますし、精神的にも体力的にもハードな思いをすることになります。そうまでしても転職をしたいということは、ポジティブな動機だけではなく、その裏にネガティブな動機も少なからずあるはずなのです。

しかし、そのような本当の転職理由を短い面接の時間で完璧に聞き出すことなどほとんどできませんし、そもそも候補者自身が自分自身を理論武装するあまり、本当の転職理由に気付いていないことすらあります。

このように、面接時に話す内容はどうしても表面的になりがちで、それが全てだと考えるにはあまりに情報が少なすぎるので、選考基準の中で実はそれほど大きなウェイトを占めていないのです。

むしろ大事になってくるのは、「清潔感」と「コミュニケーション力」の2つです。

「清潔感」のある印象を与えよう

面接で最も大事なのは、相手に与える「印象」です。特に薬剤師の場合は、病院や薬局で薬を扱う仕事であり、患者の方の対応もする仕事ですので、「清潔感」はマストです。

清潔感を出すためには、髪型や身だしなみなどはもちろん、立ち居振る舞いなども重要になります。

女性の場合は、メイクは控えめにする、爪は清潔にする、ロングヘアの場合はしっかりまとめておく、などが重要です。

「清潔感」を意識していれば、基本的に相手に対して悪い印象を与えることはありません。薬剤師の方は、ぜひ心がけてください。

コミュニケーション力の高さを感じてもらおう

最近の薬剤師の面接でより重視されてきている傾向にあるのは、候補者のコミュニケーション力です。「コミュニケーション力」というととても抽象的で曖昧な能力ですが、分かりやすく言うと、「相手とスムーズに会話のキャッチボールができて、相手に不快感を与えず、親近感や信頼感を持ってもらうことができる力」です。

面接官としては、その方が患者と接している場面や職場の同僚と話している姿を想像した際に、違和感なくコミュニケーションがとれる姿がイメージできるかを判断基準としているケースが多いです。

コミュニケーション力を伝えるためには、話す力・聞く力の両方が必要です。話すときは相手の目を見てハキハキと、笑顔で明るく。聞くときは、真剣に、適度にあいづちを打ちながら。

言葉にしてしまうと当たり前のことなのですが、実際にはこれだけのことを実践できる人ですら非常に少ないのです。

間違っても禁物なのは、「私はコミュニケーション能力が強みです」と、自らコミュニケーション力をアピールしてしまうことです。コミュニケーション力の高さ・低さは、相手が感じるものであって、あなたが決めることではありません。

コミュニケーション力が高い人か低い人かは、面接のやり取りをしていればわざわざアピールをしなくても十分に感じ取ることができるのです。

まとめ

面接で大事なのは、とにかく相手に好印象を与え、一緒に働いてみたいと思ってもらうことです。そして、そう思ってもらえるために大事なのは「清潔感」と「コミュニケーション力」です。

仕事上の能力については履歴書や職務経歴書、資格を見ればある程度は分かります。面接の際に面接官が見たいのは、あなたの「経歴」ではなく「人物」なのです。

ぜひそのことをしっかりと頭に入れておきましょう。

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。