転職活動のスケジュールについて知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の転職マニュアル > 転職活動のスケジュールを立てる

転職活動のスケジュールを立てる

転職する目的や転職する理由について改めて自分自身と向き合い考え、自分のキャリアプランにおけるタイミングや転職市場の動きも加味した上で、「今」転職することを決意したら、次は転職活動のスケジュールを立ててみましょう。

転職はしようと思ってもすぐにできるものではありませんし、入念な準備が必要です。事前にしっかりとスケジュールを立てておくことで起こりうるトラブルを想定しておき、スムーズに転職活動を進められるようにしておきましょう。

転職活動期間は3ヵ月~半年を目安としましょう。

転職活動の標準期間は3ヵ月~半年と言われています。ただし、薬剤師の転職の場合には、面接回数が少ないケースや、売り手市場のため面接になかなか通過できないということがその他の業種・職種と比較するとそれほど多くないため、もう少し短いスパンで転職を実現させる方も多くいらっしゃいます。(もちろん、人によってはなかなか選考に通過できず、転職活動がとても長引く方もいらっしゃいます。)

また、既に離職している方は、退職交渉期間や引き継ぎ期間などがない分、より短い期間で次の職場に入社することができます。

転職活動の流れ

次は、転職活動の流れに沿ってより具体的なスケジュールを考えていきましょう。通常、転職活動は下記の要領で進んでいきます。

自己分析・転職の方向性の決定:1ヵ月

まずは、自己分析をしっかりとしたうえで転職の方向性を決定します。通常、転職をしようと決めてからしっかりと方向性を定めるまでに、1ヵ月程度の時間をかけてじっくりと考えている方が多いようです。転職支援会社を活用する場合には、この時期にキャリアアドバイザーに色々と相談し、キャリアプランや転職活動の方向性を擦りあわせていきます。

求人情報の収集:1ヵ月

転職の方向性が決まれば、次はその方針に沿って条件に合う求人情報を探していきます。希望する求人はすぐに見つかる場合もあれば、なかなか求人が見つからず、1ヵ月経っても応募すらできない状況が続くこともあります。

時間が経過してもなかなか応募しようと思える求人が見つからない場合には、求人の条件を少し緩めるなどして、可能性を広げてみましょう。

自分では思いもしなかったような求人が実は自分に一番合っていた、というようなケースはいくらでもありますので、行動する前からあまり可能性を狭め過ぎないことが重要です。

少しでも興味があれば、まずは応募してみるというスタンスで臨むと良いでしょう。

書類作成・求人応募・書類選考:1ヵ月

気になる求人があれば、応募手続きに入り、書類選考に入ります。このときまでに、応募時に必要となる履歴書や職務経歴書についても用意しておきます。

書類選考期間は、企業によっても大きく異なります。数日で結果を返してくれる企業もあれば、応募者が多い場合などには数週間以上かかることもあります。

一般的には2週間以上経過しても書類選考結果が出ない場合には、状況確認の連絡をするようにすると良いでしょう。転職支援会社を利用している場合には担当のアドバイザーへ、直接応募している場合には、直接企業の採用担当者に問い合わせてみましょう。

この書類選考になかなか通過できない時期が続くと、転職活動期間はさらに伸びていきます。人によっては2か月以上応募し続けても、1件も書類選考に通過できないという方もいらっしゃいます。

書類選考の通過率を高め、より早く次のステップに進むためにも、魅力的な履歴書・職務経歴書を書けるようになっておきましょう。転職支援会社に相談すれば、様々にアドバイスをしてくれます。

面接・内定:1ヵ月

書類選考に通過すると、面接期間となります。薬剤師の転職の場合、面接が1回、多くても2回というケースが多いので、他業種と比較すると面接期間は短めです。早い方は数日から数週間で内定まで決まってしまいます。

退職・引き継ぎ:2ヵ月

希望企業から無事に内定をもらい、入社意思を固めたら、次は退職交渉に入ります。退職交渉を始めてから実際に退社するまでは、2ヵ月程度を見ておくとよいでしょう。

法律上は、退職の旨を申し出れば、2週間後には退職できることになっているのですが、実際には業務の引き継ぎや後任者探しなど、出来る限り職場に迷惑をかけないためにもしっかりと対応しておく必要があります。

また、そもそも退職がスムーズに受理されなければ引き継ぎ作業に入ることもできませんので、退職交渉の難航が予想される方はその期間も考慮しておく必要があるでしょう。

まとめ

上記のように、転職活動の流れを一つずつ詳細に見ていくと、転職活動を始めてから実際に転職先へ入社するためにはかなりの時間がかかることが分かります。

早い方であれば転職活動を始めてから数週間、1ヵ月で転職してしまうこともありますし、その逆に1年以上転職活動を続けている方も珍しくありません。

大事なのは、自分の中で今後のスケジュールイメージをしっかりと持っておき、計画通りに転職活動が進んでいるかを自分自身で振り返ることができるようにしておくことです。

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。