薬剤師の面接の日程調整のコツについて知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の転職マニュアル > 面接日程調整のコツ

面接日程調整のコツ

書類選考に通過したら、次は面接に入ります。ここでは、面接日程を調整する際のコツについてご紹介します。

複数企業の面接を受ける場合は、選考のフェーズを揃えよう

転職活動をする方の多くは、1社だけではなく複数の会社に応募し、順調に行けば複数の会社を受けることになるはずです。

複数企業の面接を受ける場合には、一点だけ注意しておきたいことあります。

それは、応募している各社の選考スケジュールを出来る限り揃えるということです。書類選考通過の連絡が来ると、通常はそれからいくつか候補日を出して、面接日程の調整を進めます。

この面接日程調整時に、他社の選考状況を考慮して面接の候補日を自分自身で調整することで、選考中の企業の選考スケジュールの足並みを揃えていくのです。

例えば、A社はまだ書類選考段階なのに、B社から一次面接合格の案内と、最終面接の案内が来たとします。

こうした場合、A社には書類選考を早めてもらうようにお願いをしつつ、B社の最終面接の 日程は、少し遅めで調整します。もし、最終面接も早々と受けてしまい、仮に内定が出てしまうと、「回答期限」が設けられるケースもあります。

B社が第一志望なのであれば全く問題はありませんが、かりにA社が第一志望だとして、A社の最終面接はB社の回答期限には間に合わない、といったような状況に陥った他とすると、非常に悩むことになります。

合格するか分からないA社にかけて、B社の内定を辞退するか、不確実なA社は諦めて、確実に入社できるB社を選ぶか。まさに人生の賭けのような状態になってしまうのです。

こうした事態を避けるためには、出来る限り選考中の会社の選考スケジュールの足並みを揃えておき、同じタイミングで最終面接を迎えることができるように調整する必要があります。

もちろん、他社の選考スケジュールと足並みを揃えるために面接合格後の日程調整を遅らせていると、企業から志望意欲が低いと思われてマイナス評価につながる可能性もありますので、無理に引き延ばすことは賢明ではありません。

また、採用枠が1名の場合などには、自分がもたもたしている間に他の候補者が決まってしまい、お断りの連絡が来るという可能性もゼロではありません。

大事なのは、自分の志望順位と、それらの企業の選考スケジュールについては、最後の最後で自分が困らないように、最初から万全のシミュレーションをしたうえで日程調整を進めていくということです。

後悔しないように、ベストなシナリオを考える

これは実際に体験してみなければなかなか分かりませんが、合格が不確実な第一希望と、確実に入社できる第二希望の間で悩むことほど辛いものはありません。

一度この状況に陥ると、勇気をもって第一志望に賭けて第二志望の企業を辞退し、その結果見事第一志望の企業に合格するという結末以外は、どの選択肢を取ったとしても後悔が残ることになります。

もちろん転職活動や転職活動のスケジュールは全てが自分の思い通りに行くことはありません。企業には企業の都合もありますし、他の候補者の動きも自分の結果に大きく関わってくるからです。

しかし、できる限り納得できる転職を実現するためにも、面接の日程調整については、その後に起こりうる様々なシナリオを想定した上で進めていくことをおすすめします。

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。