高年収の薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 人気の求人条件から探す > 高年収の薬剤師求人

高年収の薬剤師求人の探し方

高年収求人

ここでは、高年収求人をお探しの薬剤師の方のために、高年収求人の選び方やポイントについてご説明していきます。

転職希望の薬剤師の方々が挙げる転職理由の中でも特に多い転職理由が「年収を上げたい」というものです。

薬剤師の転職の場合は基本的に薬剤師資格を活かせる仕事への転職となりますので、一部の例外を除き、転職前と転職後の仕事内容が大きく変わることはほとんどありません。

調剤や服薬指導、薬歴管理といった薬剤師としてのオーソドックスな仕事内容についてはあまり変わらないので、条件面や職場の雰囲気といった仕事内容以外のポイントを転職理由に挙げる方が多い傾向にあるのかもしれません。

確かに、転職により年収アップを実現できれば、それに越したことはありませんが、年収アップを目的とした転職や求人選びをする際には、いくつか気を付けるべきポイントがあります。

必ず意識しておきたいのは、「なぜその求人は年収が高いのか」ということをしっかりと考えるということです。

求人の給与条件は、需給のバランスで決まる

基本的に、求人の年収条件はその求人に対する需要と供給のバランスで決まります。

人気が高い求人は年収が低くてもたくさんの応募者が集まりますし、その逆に人気がない求人は年収を高くしなければ応募者が集まりません。

業種別に見れば病院→調剤薬局→ドラッグストアの順番で初年度の提示年収が高くなっていく理由や、地方のほうが都心よりも年収が高いという薬剤師業界特有の不思議な賃金逆転現象が起こる理由も、全てこの需要と供給のバランスにあるのです。

医療現場の最先端で知識と経験を積むことができる病院は就職先として薬剤師から人気がありますが、その逆に薬剤師以外の業務も担当しなければいけないドラッグストアは、病院と比較すると就職先としての人気はありません。

また、通常は生活水準格差の問題で地方よりも都心のほうが時給や賃金は高くなる傾向にあるのですが、薬剤師に限っては、地方のほうが都心よりも圧倒的に薬剤師不足が深刻になっているため、地方の求人のほうが都心よりも給与条件を高く設定されているのです。

高年収求人には、思わぬ落とし穴も!?

上記で説明したように、求人の給与条件は需給のバランスで決まるということを前提にして考えると、高年収の求人には、高待遇にして募集せざるを得ない何かしらの理由があると考えるのが妥当です。

分かりやすく言えば、高年収の求人は、人気がなく、応募者が少ないため採用に困っていることの裏返しでもあるのです。

応募者が少ない理由については様々ですが、代表的なパターンとしては下記が挙げられます。

そして特に年収条件が高く設定されている求人は、下記の条件がいくつか組み合わさっていると考えましょう。

立地の問題

地方エリアにある薬局、病院や、都市部にあっても郊外に位置していたり、交通の便が悪いところにあったりする薬局、病院の求人はあまり人気がありません。

そもそも薬剤師が少ないエリア、通勤の便が悪いエリアの薬局や病院は、求人の給与条件を高く設定しないと必要な薬剤師数を確保できないのです。

業務内容の問題

例えば開業医クリニックの門前で単科応需の薬局などに多いのですが、残業時間が長く、毎日帰宅時間が遅くなるような薬局や、薬剤師が一人体制となっており、休みが取りづらく負担も大きい薬局などは、必然的に薬剤師の定着率が良くないため、高待遇で求人募集をかけています。

処方内容の問題

処方に専門的な知識が必要な科目がメインとなっている薬局や、精神科など処方内容が重い薬局もあまり人気がないため、給与条件が高く設定されている傾向があります。

薬剤師転職エージェントに相談しよう

上記のように、一見とても魅力的に見える高年収求人の裏には、そうせざるを得ない背景や理由が隠れていることがあります。

相場価格よりもやけに給与条件が高い求人情報を見つけたら、高年収だからと言って安易に応募するのではなく、その理由や背景を薬剤師転職エージェントに確認してみましょう。

やけに家賃が安い物件は何らかの訳あり物件であることが多いのと同様に、高年収求人にはそれなりの理由があると考えたほうが賢明です。

その求人が高年収で募集している理由を薬剤師転職エージェントにしっかりと確認した上で、その理由が自分にとってはネックではない場合は、安心して応募するようにしましょう。

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。