転職支援会社の仕組みについて知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 転職支援会社を活用する > 転職支援会社の仕組み

転職支援会社の仕組み

ここでは、転職支援会社の仕組みについてご紹介していきます。転職支援会社がどのような仕組みでサービスを提供しているのかを理解することで、より上手に活用できるようになります。ぜひ参考にしてください。

転職支援会社のビジネスモデル

転職希望者の方からよく頂く質問の1つに、「転職支援会社はなぜ手厚い転職支援サービスを全て無料で提供してくれるのか?」という質問があります。

確かに、転職支援会社はキャリアカウンセリング面談から求人の紹介、面接日程調整、条件交渉、退職交渉アドバイス、入社後フォローまで、幅広いサービスを全て無料で提供してくれます。

これらの手厚い転職サポートが無料で受けられる理由はとてもシンプルで、転職支援会社は、転職をしたい個人ではなく、人材を採用したい企業から費用をもらっているからです。

転職支援会社は、転職をしたい皆さんの目から見ると転職サポート企業のように見えますが、企業から見ると、全く真逆のように見えています。企業から見た転職支援会社は、自社の採用を支援し、自社の希望する人材を紹介してくれる採用コンサルティング会社なのです。

企業は、求める人材の採用に成功した見返りとして、転職支援会社に費用を払うのです。

転職支援会社の仕組み

転職支援会社は、テレビ局に例えるとより分かりやすいでしょう。テレビ局にとっての顧客は視聴者のように思えますが、実際にテレビ局に費用を支払っているのは視聴者ではなく、テレビ番組スポンサーとなっている企業です。

テレビ局はスポンサー収入によってビジネスが成り立っており、スポンサー収入があるから視聴者に対しては無料で番組を提供できるのです。

しかし、視聴者からはお金をもらっていないとは言っても、視聴者をぞんざいに扱うことはできません。なぜなら、スポンサー収入は、多数の視聴者が集まる番組があってはじめて手に入るからです。

その意味では、お金を頂くのはスポンサー企業だけだと言っても、実際にはテレビ局にとってはスポンサー企業も視聴者も両方が大切な顧客なのです。

転職支援会社も同様です。費用を頂くのは企業からですが、企業から費用を頂くためには、企業が求める要件を満たした薬剤師の方々の登録がなければ、紹介することすらできません。

その意味では、多くの優秀な薬剤師の方々に登録してもらうことが転職支援会社にとっては企業の採用を成功させる上でとても重要なポイントなのです。

だからこそ、転職支援会社は転職希望の薬剤師の方々に対して至れり尽くせりのサービスを無料で提供してくれるのですね。

特に薬剤師の採用については、一部の病院や製薬会社などを除いてほとんどの薬局やドラッグストアが採用に困っている状況が続いており、転職支援会社に高い費用を支払ってでも薬剤師を紹介してほしいと考えています。

そのため、薬剤師の人材紹介事業は非常に強いニーズがあるのです。

料金体系について

転職支援会社の料金体系は、通常「採用成功報酬制」となっています。「採用成功報酬制」とは、採用に成功した時点で初めて料金が支払われるという、成果報酬スタイルの課金体系のことを指します。

つまり、薬剤師を採用したい薬局やドラッグストアは、転職支援会社に求人の依頼を出したとしても、実際にその会社経由で人材が紹介され、採用が決まるまでは、一切料金を支払う必要はありません。

これは転職支援会社の立場からするとかなりシビアな契約内容のようにも見えますが、逆に求人を出稿する段階で費用がかかる求人広告などを比較すると、企業もリスクを負わない成果報酬型のほうが求人を獲得しやすいという側面もありますし、実際に採用が決まった場合には求人広告の出稿よりも高い費用をもらう形となるので、結果としてはかなり利益率が高いビジネスモデルとなっています。

求人を出した薬局やドラッグストアが採用成功時に転職支援会社に支払う料金としては、一般的には下記のようになっています。

  • 採用コンサルティング・フィー:提示年収の20%~35%
  • 返金規定:●ヵ月以内に退社した場合、●%返金

例えば、内定時の提示年収が600万円の場合、その30%にあたる180万円が転職支援会社に支払われる、といったイメージです。コンサルティング・フィーの料率は転職支援会社によって異なりますが、一般的には20%~35%程度が相場となっているようです。

また、多くの会社では、紹介した人材がすぐに退社してしまった場合に備えて、返金規定というものを設けています。例えば、入社後1ヵ月以内に退社した場合は全額返金、3か月後以内に退社した場合は50%返金、などのように、期間に応じて返金規定が設けている会社が多いようです。

両面型と分業型の違い

上記で説明したように、転職支援会社には転職希望者と採用企業という両顧客が存在しています。

この両顧客に対するサービス提供体制は、転職支援会社によって大きく下記の2つのタイプに分かれています。

  • 両面型の転職支援会社
  • 分業型の転職支援会社

それぞれについて詳しく説明していきます。

両面型の転職支援会社

両面型の転職支援会社とは、転職希望者の個人と、採用企業の両方を一人のコンサルタントが担当する形式をとっている転職支援会社のことを指します。

両面型の転職支援会社の仕組み

両面型の転職支援会社のメリット・デメリットとしては、下記が挙げられます。

両面型の転職支援会社のメリット

両面型の転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談に乗ってもらう場合は、下記のようなメリットがあります。

  • キャリアアドバイザーが企業とも直接やり取りをしているため、よりリアルな企業情報を伝えてくれる
  • キャリアアドバイザーが企業と求職者の両方を直接見ているため、マッチング精度が高い
  • 企業の採用担当者目線に立ったリアルな面接アドバイスが受けられる

キャリアアドバイザーが企業と直接やり取りをしているため、企業についてのリアルな情報提供ができる点は強みです。必然的にマッチング精度や面接アドバイスの質なども高まります。

両面型の転職支援会社のデメリット

  • キャリアカウンセリングとしての専門性が低いこともある
  • 企業都合のアドバイスをされることもある
  • 対応スピードが遅いこともある

一方で、一人のキャリアアドバイザーが求職者だけではなく企業ともやりとりをしている場合、上記のようなデメリットもあります。

一般的には、中小規模の転職支援会社の場合には、両面型の組織体制をとっていることが多いようです。

分業型の転職支援会社

分業型の転職支援会社とは、求職者の転職相談に乗る担当者と、企業の採用支援を行う担当者が分かれている転職支援会社のことを指します。

分業型の場合には、求職者担当となるキャリアアドバイザーと、企業担当となる採用アドバイザーが、社内で密に情報共有、連携を行うことでマッチングを実現しています。

分業型の転職支援会社の仕組み

分業型の転職支援会社のメリット・デメリットとしては、下記が挙げられます。

分業型の転職支援会社のメリット

  • キャリアアドバイザーのカウンセリングスキルが高い
  • キャリアアドバイザーとの連絡がとりやすい
  • 求職者の味方として、企業や企業担当と交渉してくれる

分業型のメリットとしては、キャリアアドバイザーが求職者担当専門として動いてくれているため、カウンセリングスキルの専門性を高めやすいことは持ちろん、連絡もとりやすく、自分の代わりに企業や社内の企業担当と交渉しようとしてくれるところが挙げられます。

分業型の転職支援会社のデメリット

  • 求職者担当と企業担当の情報共有が上手く機能していなければ、マッチング精度が非常に落ちる
  • 転職支援会社の内部で、企業ではなく企業担当により書類選考が行われ、落ちることがある
  • キャリアアドバイザーが企業の情報について表面的な情報しか把握していないことが多い

一方で、分業型の場合は、求職者担当と企業担当の社内での情報共有がサービス品質の鍵を握ります。両者の連携が上手く行っていないと、マッチング精度が大きく落ちたり、その結果として転職支援会社の社内の選考で落ちてしまったり、キャリアアドバイザーが企業のリアルな情報を把握しておらず、適切な面接アドバイスや情報提供をしてもらえない、ということが起こります。

大手の転職支援会社のほとんどは分業制を採用しています。これは、求人の数と求職者の数が増えてくると、必然的に1人が両者を担当するスタイルよりも、求職者担当と企業担当で組織を分けたほうが効率的な組織運営とサービス提供体制が実現できるからです。

しかし、効率化が実現する一方で、分業型にしたことで求職者担当と企業担当の間に齟齬が生まれ、かえってマッチング精度が低くなるといった弊害が出てしまっているケースもあります。

「転職支援会社を活用する」のその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。