求人情報の効率的な収集方法について知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の転職マニュアル > 求人情報を収集する

求人情報を収集する

転職活動を始めたらまず行うことは、求人情報の収集です。納得がいく転職を実現するためには、この求人情報の収集が鍵となります。

ここでは、効率的に求人情報を網羅し、自分が希望する条件の求人を見つけるための方法についてご紹介していきます。

求人には、公開求人と非公開求人の2つがある

まず頭に入れておきたいのは、求人には「公開求人」と「非公開求人」という2種類の求人が存在するということです。

  • 公開求人:
  • 世の中に広く一般に公開されている求人。誰でも求人詳細を見ることができる。
  • 非公開求人:
  • 一般には公開されておらず、転職支援会社に登録しなければ見ることも応募することもできない求人
    • 社名非公開求人:
    • ウェブサイト上で業務内容や年収条件、勤務地などが公開されているものの、社名は伏せられている求人
    • 完全非公開求人:
    • ウェブサイト上には一切詳細が紹介されていない求人

非公開求人の場合は転職支援会社に登録しなければ応募ができないのですが、応募が殺到するような人気の優良求人は、このように非公開形式で募集されているケースも多くなっています。

なぜ、企業は求人を非公開にするのか

企業が人材を募集する際に求人内容を非公開にする理由としては、いくつかのパターンがあります。

  • 競合他社に採用状況を知られたくないため
  • 社内のスタッフに採用活動をしていることを知られたくない
  • 積極採用ではなく、いい人がいればというスタンスのため
  • 公開すると応募が集まりすぎるため

最も多いのは、競合他社に採用状況を知られたくないという理由です。採用戦略は企業の経営戦略に直結しますので、採用活動の状況を見ることで、その企業が今度どこに力を入れていきたいのか、などが分かってしまうのです。

例えば、特定エリアで薬剤師を大量募集していたら、そのエリアへの積極的な出店戦略を持っていることが分かります。

また、製薬会社の求人などは、極秘プロジェクトの人材募集などもあるため、非公開求人になっているケースも多くなっています。

そして、採用状況を知られたくないのは、何も競合他社だけとは限らないこともあります。 中には、社内の社員に知られたくないために求人を非公開にするということもあります。

欠員募集の場合などでは、求人を公開してしまうと退職予定の社員が事前に判明してしまうこともあります。また、ある部門ではリストラを進めている場合などは、違う部署では新規採用を進めていることをおおぴらにできないケースもあります。

このように、企業は様々な背景があり、採用活動を非公開で展開していることもとても多いのです。

非公開求人の存在を知らないと、それだけで選択肢は大幅に限られてしまいます。何より、非公開求人には優良求人が含まれている可能性も高いので、できる限り多くの選択肢の中から検討したい方は、複数の転職支援会社に登録するようにしましょう。

効率的な求人情報の探し方

公開求人と非公開求人の違いについて理解したら、次は効率的な求人情報の探し方についてご説明します。

おすすめの求人情報の収集方法は、下記の2つです。

  • 転職支援会社に希望条件を伝え、代わりに求人を探してもらう
  • 転職支援会社の求人を一括検索できるサイトを活用する

ここでは、それぞれの方法について説明していきます。

転職支援会社に希望条件を伝え、代わりに求人を探してもらう

もっとも効率的な求人情報の収集方法は、自分自身で求人を探すのではなく、転職支援会社に自分の希望条件だけを伝えておき、代わりに条件に合う求人を探してもらい、紹介してもらうようにすることです。

また、保有している求人は転職支援会社によって異なりますので、できれば複数の転職支援会社に登録して、希望条件を伝えておくのがおすすめです。

転職支援会社に登録すれば、非公開求人にアプローチすることもできますし、自分で探していたら目にも留めなかったような求人を紹介されることもあり、選択肢の可能性が広がることもあります。

ぜひ転職支援会社を積極的に活用しましょう。希望条件を満たす求人を多く保有している転職支援会社を探したい方は、当サイトの転職支援会社検索機能を活用ください。

自分の希望条件に強い転職支援会社を検索する

転職支援会社の求人を一括検索できるサイトを活用する

最近では、転職支援会社が保有している求人を一括で検索でき、気になる求人があればその求人を保有している転職支援会社に一括問い合わせができるというとても便利なサイトも登場してきています。

薬剤師専門の転職支援会社に限ってみても、大手の会社から個人事業レベルの会社まで含めると星の数ほどの転職支援会社がありますので、それらすべての会社に登録をし、求人情報を紹介してもらうのはとても手間がかかりますし、効率もよくありません。

転職支援会社の一括検索サイトを利用することで、いちいち個別の転職支援会社に登録したり、各社のホームページに訪問したりする手間が省け、求人ベースで転職支援会社を探すことができます。

薬剤師求人の代表的な一括検索サイトとしては、下記の2サイトがあります。

  • 薬剤師求人エージェント(プロトメディカルケア)
  • 求人件数40,000件。全国の求人に対応。常時4,000件の新着求人あり。
  • 医療人材ネット(メディアオンライン)
  • 製薬会社や医療機器メーカーなどの求人も充実。匿名相談機能やスカウト機能あり。

ぜひ上記のサイトを活用して、効率的に求人情報を収集しましょう!

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。