薬剤師の転職理由について知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の転職マニュアル > 転職理由を考える

転職理由を考える

転職をしようと思ったら、実際に行動に移す前に、改めて自分自身が転職しようと思ったきっかけや、転職理由について考えてみましょう。

転職しようと思った理由を整理することで、自分が働く上で大切にしていることが分かることもありますし、その理由を解消するために、本当に転職という手段がベストな方法なのかどうかを改めて客観的に見つめ直すこともできます。

転職しようと思ったら、一時の感情に流されることなく、冷静に自分自身を見つめ直し、転職をする理由についてじっくりと考えることが重要です。

その問題は、本当に「転職」が解決してくれるのか?

人が転職をする理由は様々です。例えば、下記のような項目はよく転職理由として挙げられます。

  • 給与が低く、今後も上がる見込みがない
  • 職場の人間関係が上手くいっていない
  • 社風が合わない
  • 仕事内容が自分に向いていない
  • これまでの経験を活かしてキャリアアップしたい

薬剤師の場合は売り手市場が続いているため、他の業界や職種と比較すると、転職はそこまで難しくありません。

しかし、だからといって短期間のうちに何度も転職を繰り返していると、やはり給与は上がりづらくなりますし、いずれは転職回数がネックとなって思い通りに転職が実現しなくなってしまいます。

転職をしようと思ったら、改めて自分が転職しようと思うに至った理由を自分自身で整理した上で、一度下記の問いを投げかけてみてください。

「その問題は、本当に「転職」が解決してくれるのか?」

例えば、職場での人間関係を理由に転職をしようと考えている方がいるとします。職場での人間関係がうまくいっていない原因は、果たして職場にあるのでしょうか。それともその人自身にあるのでしょうか。

もし原因が転職をしようと考えている本人自身にあるのであれば、その問題は転職をしたところで決して解決されることはありません。

ここで考えなければいけないのは、

「本当に変えなければいけないのは、職場なのか、それとも自分自身なのか」

という問いなのです。

給与が上がらないことも、職場の人間関係に問題があることも、なかなかキャリアアップのチャンスを与えてもらえないことも、もし全てが自分に原因があるとすれば、自分自身を改善することさえできれば、わざわざ転職をしなくても今の職場で希望を実現できる可能性があるのです。

給与が上がらないと嘆く前に、上司が評価をしたいと思うほど懸命に働いているのか。結果を出しているのか。結果を出しているのに評価されないとすれば、その不満をしっかりと上司にぶつけているのか。

このように、転職しようと思った理由を突き詰めて考えていくと、なにも転職が唯一の手段ではないことに気付くこともあるのです。

このように、「その問題は、本当に「転職」が解決してくれるのか?」という問いを自問自答してみて、それでもやはり転職することでしか現在自分が抱えている問題は解決できないと自信を持って言えるのであれば、それは転職のタイミングだと言えるでしょう。

薬剤師の転職理由

転職をする理由について深く考え、やはり転職をするべきだという結論に至ったら、後は後悔しないように全力で転職活動に臨んで頂きたいのですが、転職活動にあたって、他の薬剤師の方々はどのような理由で今の職場を辞めるに至ったのか、その転職理由を見てみましょう。

他の薬剤師の方々の転職理由は、実際に働いていた経験者のリアルな声なので、転職先を考える上でとても参考になります。

ここでは、薬剤師の就職・転職先として代表的な4つの業種(調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社)に絞り込んで、それぞれの業種で働いていた薬剤師の転職理由の中から代表的なものをご紹介していきます。

調剤薬局で働いていた薬剤師の転職理由

調剤薬局で働いていた薬剤師の方々が、勤務していた調剤薬局を辞めるに至った代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 単科の調剤経験しか積めないため、もっと総合的に調剤経験をしたい(開業医の門前薬局で働く薬剤師の場合)
  • 多忙すぎて、一人一人の患者に時間を割いて服薬指導なじっくりと向き合えない。(総合病院の門前薬局で働く薬剤師の場合)
  • 調剤事務スタッフとの相性が合わない
  • 他の薬剤師との相性が合わない
  • 管理薬剤師とそりが合わない
  • 一日中立ち仕事なので、辛い
  • 昇給機会が少ない

調剤薬局の場合は、単科を中心に扱う開業医クリニックの門前薬局と、複数の科目を扱う総合病院の門前薬局によっても主な転職理由が異なるという点や、職場が狭いため、人間関係に関する悩みを理由に転職を考える方が多いという特徴があります。

調剤薬局の場合は、職場での人間関係が上手く行くかどうかが、仕事の充実度に大きな影響を与える傾向がありますので、入社後の人間関係が不安な方は、転職支援会社のキャリアアドバイザーに実情を聞くのはもちろん、それだけではなく実際に薬局の雰囲気を見に行くなどして、転職後に後悔しないようにできる限り確認をしておいたほうがよいでしょう。

ドラッグストアで働いていた薬剤師の転職理由

ドラッグストアで働いていた薬剤師の方々が、勤務していたドラッグストアを辞めるに至った代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 在庫管理、受発注、接客・販売など、薬と関係のない業務が多い。
  • 薬剤師が一人しかおらず、土日も休めない。
  • サービス残業が多く、立ち仕事中心で肉体的にもハード
  • 顧客からのクレーム対応に嫌気がさすことが多かった
  • 店舗異動や転勤がない企業で働きたい

ドラッグストアの転職理由として代表的なのは、やはり仕事内容に対する不満と、労働環境に対する不満です。薬剤師としての専門性が活かせず、仕事は休みが取れずきつい、というのがドラッグストアを辞めた方の転職理由のほとんどを占めています。

逆に、ドラッグストアの場合は給与面を理由に転職を考える方はそれほど多くありません。

また、業務内容に対する不満については、調剤併設型のドラッグストアと、OTC販売のみのドラッグストアでも、やはり不満に感じている内容が異なります。

調剤併設型ドラッグストアで働いていた薬剤師の転職理由

  • 調剤経験も積めると思ったが、実際はほとんど処方が来ず、経験が積めなかった。
  • 調剤とOTCの両方を1人で対応するのが辛い。調剤業務が中断することも多い。

調剤併設型の場合は、調剤を期待して入社したのに、ほとんど処方がなかったという根本的な問題や、調剤とOTCを1人で担当する負荷を理由に挙げる方が多くいます。

特に調剤業務は、薬剤師以外のスタッフは担当ができないため周りのスタッフからの理解も得られにいので、調剤室にこもって調剤作業を進めている間にレジに列ができてしまった場合には、そのたびに調剤業務を中断しなければいけないなど、かなりのストレスを感じる薬剤師の方もいるようです。

OTCのみのドラッグストアで働いていた薬剤師の転職理由

  • 接客スキルは身に付いたが、薬剤師としての専門性は活かしきれていない
  • OTCだけではなく調剤も学びたい

逆に、OTCのみのドラッグストアで働いている薬剤師の方は、やはり調剤や服薬指導などといった薬剤師の専門性を活かせる業務の経験も積んでみたいと考え、転職する方が多いようです。

病院で働いていた薬剤師の転職理由

病院で働いていた薬剤師の方々が、勤務していた病院を辞めるに至った代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

  • 当直や残業の多さ、有給がとれないなど、体力的に辛い
  • 年功序列で昇進もできない上に給料も安いので、年収を上げたい
  • 調剤室に1日中こもって仕事をしており、やりがいが感じられない
  • 職場の人間関係が上手く行かない

病院薬剤師の主な転職理由は、やはり労働環境と給与の面が中心を占めます。

調剤薬局やドラッグストアとは異なり、病院の場合は「当直」と呼ばれる深夜勤務があることや、常に緊急の仕事が舞い込む以上、残業も多くなりがちで、有給も取得しづらいなど、とにかく休みが取れず体力的にハードであることを理由に病院を辞めたいと感じる薬剤師の方が多いようです。

さらに、それだけ仕事がハードであるにも関わらず、給与面では他業種と比較して恵まれているわけではありませんので、余計に給与に対する不満も感じやすいようです。

また、病院薬剤師の転職理由として意外に多いのが、「一日中調剤室にこもって機械的な調剤作業をすることにやりがいを感じない」という理由です。

病院であれば患者とコミュニケーションを取りながら、適切な処方によって患者の容態が回復していくのを間近に見ることができると考えている方も多いのですが、実際には調剤室勤務となるとほぼ1日中ひたすら調剤業務を事務的にこなし続けなければいけず、患者の方と接する機会もほとんどなくなるので、それが嫌になって辞めてしまう薬剤師の方も少なからずいるようです。

製薬会社で働いていた薬剤師の転職理由

製薬会社で働いていた薬剤師の方々が、勤務していた製薬会社を辞めるに至った代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

研究・開発職として働いていた薬剤師の転職理由

  • 実験ばかりの毎日で、仕事内容に興味が持てない
  • 医療現場で働き、自分の仕事が役に立っている実感を得たい
  • 仕事の成果が出るまでにとても時間がかかるので、やりがいを見出しづらい

製薬会社の研究・開発職と言えば薬剤師にとっては憧れのポジションの1つですが、実際には狭き門を勝ち抜いて見事そのポジションを手にした薬剤師の方でも、いざ仕事を始めてみると、その仕事内容にやりがいを感じられない方もいるようです。

MR職として働いていた薬剤師の転職理由

  • 新薬が出てこないので、仕事にやりがいがない
  • 給与だけで決めてしまったが、仕事内容が向いていなかった
  • 直行直帰だと自分を管理しきれず、だめになると思った
  • 接待営業が嫌だった
  • セクハラがあった
  • 会社の営業方針に納得がいかなかった

MRの場合は、勤務している製薬会社が画期的な新薬を開発できるか、また今後そういった可能性があるか、などが仕事のやりがいと直結してくる部分もあるようです。

また、MRという仕事のスタイルに違和感を覚えて転職を考える方も多いようです。

MR職は給与面が魅力的なだけに、仕事内容についてはあまり深く考えることもなく就職・転職する方もいるようですが、やはり仕事を始めてみると、その仕事内容に悩むケースが多いようです。

また、製薬会社の場合は総じて給与面に不満を感じて転職を考える方はほとんどいない、という点も特徴的です。

まとめ

ここまで、転職をする際には転職理由を改めてしっかりと考えて、自分自身と向き合うことの重要性と、薬剤師の方々の一般的な転職理由についてご説明してきました。

どの職場にも、良い点もあれば悪い点も存在しており、人によって感じ方は異なります。

大事なのは、自分自身の転職の軸がぶれず、自分の場合は何が満たされていれば大丈夫で、何が満たされていないとだめなのか、ということを自分自身でしっかりと理解しているということです。

転職活動を始めると、複数の会社からの声掛けによって自分自身の軸や方向性がぐらつくことは良くあります。そうしたときに、そもそも自分が転職をしようと思ったきっかけ、つまり転職理由に立ち返って判断することができるかどうかが、納得のいく転職が実現できる人とそうでない人の分かれ目なのです。

転職活動を終えてみたら、何のために転職をしたのか分からなくなっていたということがないように、他の薬剤師の方々の転職理由なども参考にしながら、ぜひしっかりと自分自身と向き合ってみてください。

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。