製薬会社で働く薬剤師の平均年収相場を知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の年収事情 > 製薬会社で働く薬剤師の平均年収相場

製薬会社で働く薬剤師の平均年収相場

製薬会社は、薬剤師にとって人気の就職・転職先の1つです。製薬会社の中でも特に研究・開発関連の求人は非常に人気がありますが、求人数も少なく、倍率が非常に高いため、実際にはかなりの狭き門となっています。

また、研究・開発ではなくMR職も、製薬会社にとって重要な業務の1つです。MR職は研究・開発業務と比較すると薬剤師の方々からはあまり人気がありません。

MRは薬剤師資格が必要な職種ではなく、薬剤師としての専門性が発揮しづらいという点や、医師に対する情報提供という、業務内容の営業活動的側面が敬遠される理由となっているようです。

しかし、そうはいっても製薬会社は大手の製薬会社を中心に給与面や福利厚生面では調剤薬局や病院などと比較するととても恵まれているため、魅力的な就職・転職先の選択肢の一つです。

製薬会社で働く薬剤師の年収相場の実情としては、どのようになっているのでしょうか?

製薬会社で働く薬剤師の平均年収相場

製薬会社で働く薬剤師の方々の平均年収相場は、下記のようになっています。

  • 初任給の相場:22万~25万
  • 初年度年収の相場:300万~350万
  • 平均年収の相場:400万~800万

製薬会社の場合、初任給では他業種と比較してもそこまで高いわけではありません。しかしながら、その後の給与の伸びが大きいため、生涯年収で考えると他業種と比較すると大きく差がついていきます。

製薬業界は、全ての業界の平均年収と比較しても年収が高い傾向にあります。製薬業界は業界全体の賃金水準がとても高いのです。

製薬会社の中でも職種によって年収相場は異なる

製薬会社で働く場合には、どの職種で働くかによっても年収は大きく異なってきます。

製薬会社の職種の中でももっとも年収が高くなる可能性があるのはMR職です。MR職の年齢別平均年収相場は、下記のようになっています。

  • 20代:500万前後
  • 30代:700万~750万
  • 40代:850万~900万
  • 50代:900万~950万

MR職の平均年収は、全業界の全職種の中でもトップクラスです。大手製薬会社のMR職であれば、30代で年収1,000万を超えることも決して珍しくありません。

しかし、MR職の場合は成果主義的な側面も強いため、本人の努力次第で年収が高くもなれば低くもなってしまう可能性はあります。

また、MR職ではなく研究・開発業務などの場合、MR職と比較すれば年収はそこまで高くなりません。しかしながら、それでも他業種の給与水準と比較すれば製薬会社の給与水準は高めであり、福利厚生の充実度などを考えてもとても恵まれた環境だと言えるでしょう。

製薬業界の年収ランキングTOP20

製薬業界の中でも、大手の製薬会社の平均年収は非常に高く、全業界の上場企業の平均年収ランキングでも、数多くの製薬会社が上位にランクインしてきます。

製薬業界だけに絞り込んだ平均年収ランキングは、下記のようになっています。

順位
企業名
平均年齢
平均年収
1
大塚ホールディングス
44,1歳
1,197万円
2
エーザイ
42,1歳
1,093万円
3
アステラス製薬
40,7歳
1,001万円
4
キョーリン製薬HD
42,6歳
998万円
5
第一三共
40,4歳
974万円
6
中外製薬
40,0歳
931万円
7
武田薬品工業
38,8歳
924万円
8
田辺三菱製薬
42,8歳
860万円
9
小野薬品工業
39,8歳
841万円
10
生化学工業
38,6歳
841万円
11
持田製薬
41,2歳
835万円
12
大日本住友製薬
40,6歳
825万円
13
協和発酵キリン
39,7歳
824万円
14
ツムラ
42,1歳
807万円
15
塩野義製薬
40,5歳
800万円
16
アンジェス MG
41,3歳
785万円
17
佐藤製薬
41,5歳
785万円
18
科研製薬
41,8歳
782万円
19
日本製薬
40,8歳
777万円
20
大正製薬
41,1歳
775万円

(※平成22年7月~平成23年6月の大手製薬会社の決算時データを基にして作成)

上記ランキングを見ると、TOP3となる大塚ホールディングス、エーザイ、アステラス製薬の3社については平均年収が1,000万円を超えています。

上記数値は、まだ入社間もない新入社員やそこまで給与が高くない若手社員なども含めた全ての社員の平均年収です。裏を返せば、当然1,000万円以上の年収を手にしている社員も数多くいるということです。

他業種で考えれば、平均年収が1,000万を超える企業は大手銀行や投資銀行、テレビ局、新聞社などの大手マスコミ各社、大手広告代理店、大手不動産会社など本当に一部の企業に限られています。

そう考えると、製薬業界の給与水準はいかに恵まれているかがよく分かるのではないかと思います。

製薬会社の研究・開発業務の場合、こうした恵まれた環境の中で薬剤師の専門性を発揮慰することができ、更に新薬の研究や開発というとてもやりがいがある仕事に携わることができるわけですから、必然的に薬剤師の人気が集まり、狭き門になるのは理解ができます。

特に大手製薬会社の研究・開発部門などは、旧帝国大学出身の修士卒など、非常に高学歴の薬剤師資格保有者が集まっているようなイメージになりますので、薬剤師資格さえ持っていれば誰もが就くことができるような仕事ではありません。

製薬会社への就職・転職をお考えの薬剤師の方は、他の薬剤師に見劣りしない、特別なアピールポイントを持っておく必要があります。

薬剤師の年収事情のその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。