急性期病院の薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

急性期病院の薬剤師求人の探し方

ここでは、急性期型病院の薬剤師求人をお探しの方のために、急性期型病院の求人についてご説明していきます。

病院薬剤師は新卒・中途を問わず非常に人気がある求人ですが、人気の病院は欠員がない限り募集も出さないなど、病院の求人数自体が調剤薬局と比較すると少なくなっているため、倍率は高くなる傾向にあります。

そして、その中でも最も人気が高いのが、急性期型病院の薬剤師求人です。

異業種から病院の転職をお考えの薬剤師の方はぜひ理解しておいてほしいのですが、一口に「病院」といっても、病院の種類によって仕事内容は大きく変わってきます。

病院の種類は、大きく下記の3つに分けることができます。

  • 急性期病院
  • 療養型病院
  • 精神科病院

それぞれの病院の特徴を説明していきます。

急性期病院

急性疾患や慢性的な疾患が急激に悪化した場合などに、症状の悪化直後にかかる病院のことを指します。急性期病院においては症状の悪化を止め、回復の目処を立てるところまでを役割としているため、患者の方の在院日数は平均して2週間ほどとなります。急性期病院では、入院中に手術・検査など高度で専門的な医療を提供します。

療養型病院

療養型病院とは、長期間に渡って療養が必要な慢性的疾患を持っている患者がかかる病院です。療養期間が長く、長期的に薬を投与して、治療を行います。急性期病院と比較して慢性期病院と呼ばれることもあります。

精神科病院

精神科病院とは、文字通り精神上の疾患・障害がある患者の治療・保護を目的としている病院です。精神科の場合には薬物治療だけに頼るのではなく、患者の特性や向精神薬の副作用なども十分に理解した上で、適切なコミュニケーションとカウンセリングにより症状を改善していく力が求められるケースが多く、精神科薬物療法認定薬剤師などの認定制度も存在しています。

急性期病院が人気な理由

上記のように、病院には大きく分けて3つの種類がありますが、この中でも特に人気があるのが急性期病院です。その理由としては急性期病院で働くことで、下記のようなメリットが得られるからです。

急性期病院で働くメリット

急性期病院で働く場合には、下記のようなメリットが得られます。

  • 病棟での服薬指導だけでなく、混注業務やDI業務などに携われる
  • NSTや抗がん剤など、専門性が高い業務の経験も積むことができる
  • 扱う処方の種類が多いため、幅広い経験が積める
  • 認定薬剤師制度の取得支援や勉強会開催など、スキルアップに積極的
  • 療養型に比べて薬剤師の数も多く、教育やOJTが充実しているケースが多い
  • 療養型は医療費削減政策に伴い経営環境の悪化可能性があるが、急性期はその心配もない

急性期病院の場合は、経験やスキルアップという点で多くの魅力があります。

しかし、一方で急性期病院には、当直・夜勤・残業がある、休めない、業務量が多く、業務スピードの早さも求められるので、体力的にハードなので、長くは働けないと考えて、急性期病院からもう少しゆとりを持って働くことができる慢性期病院へと転職を考える方もいます。

体力的にはハードな環境かもしれませんが、急性期病院に5年も勤務していればかなりの経験を積むことができるため、その後の転職の可能性も広がります。

転職市場価値を上げるという意味でも、急性期病院での勤務経験はメリットがあると言えるでしょう。

急性期病院の求人を探す際のポイント

急性期型病院の薬剤師求人を探す際には、下記のポイントをしっかりと確認しておくとよいでしょう。

院外処方の割合

病院薬剤師を希望する方の多くは、外来処方の調剤ではなく病棟内での服薬指導など、病棟業務を希望されていますが、この病棟業務の割合は、院外処方の割合がどの程度あるかによって大きく異なってきます。例えば求人情報に「院外処方病院」という記載がある病院は外来処方の業務がないため、病棟業務に関わるチャンスは必然的に高まります。

病院薬剤師の経験者の話では、病棟業務の割合は仕事のやりがいに大きく関わってくると答える方が大変多いので、このポイントは必ずチェックすることをおすすめします。

病床数と薬剤師人数

一般的に200床以上ある病院は人気が高く、必然的に求人倍率が高くなってくる傾向があります。病院では70床に1人の薬剤師が必要と言われていますので、病床数と薬剤師人数の現状を確認することで、薬剤師が不足している状況なのか、ゆとりを持って勤務できる状況なのかをある程度判断することができます。

病院薬剤師を辞めた薬剤師の方々の転職理由としては、残業や当直、有休がとれないなど激務な環境に耐えきれず辞めたという方がとても多いため、病床数に対して十分な薬剤師数が確保できているかも確認しておくことをおすすめします。

設備の充実度

最新のオーダリングシステムが導入されているかなど、設備投資に力を入れている病院かどうかも確認しておきましょう。職場環境を判断するだけではなく、その病院の経営方針も理解することができます。

スキルアップに対するバックアップ体制

認定薬剤師資格の取得支援制度や勉強会の開催状況など、薬剤師のスキルアップに向けてどれだけ積極的にバックアップしてくれるかという点も重要です。急性期病院での勤務を希望する薬剤師の方々の多くはスキルアップを目指していると思いますので、この点もしっかりと確認しておきましょう。

急性期病院の求人は薬剤師転職エージェントに相談しよう

急性期病院の求人をお探しの方は、薬剤師転職エージェントに相談するのが一番です。病院は求人数自体がそこまで多くない上、人気もあるため倍率も高く、非公開求人となっているケースも非常に多くあります。

また、病院の経営状況や実際の職場の雰囲気、病棟業務の割合などについては、病床数や処方枚数など求人票上のデータからだけでは分かりませんが、実際に就業した後は、これらのポイントが大きくやりがいに関わってきます。

特に異業種から病院薬剤師への転職を希望されている方は、イメージ先行で入職後に後悔をしないように、薬剤師転職エージェントをフルに活用してしっかりとした事前の情報収集を心がけましょう。

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。