薬剤師の職務経歴書の書き方について知るなら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 薬剤師の転職マニュアル > 職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

書類選考通過率を上げる上で鍵を握るのが、職務経歴書です。新卒での就職活動時にはまだ就業経験がないため職務経歴書は使用しませんが、一般企業の中途採用時には、履歴書に加えて過去の職務経歴を簡潔にまとめた職務経歴書を履歴書と併せて提出するのが一般的です。

薬局の採用などでは職務経歴書を求められないこともありますが、それでも職務経歴書も履歴書に併せて応募することで、自分自身のことをより深くアピールすることができ、書類選考にも通過しやすくなります。

ここでは、魅力的な職務経歴書の書き方についてご説明していきます。

薬剤師の職務経歴書の書き方のポイント

ここでは、薬剤師の方が職務経歴書を書く際のポイントについてご紹介していきます。魅力的な職務経歴書を書くためには、下記の4つの要素を盛り込んで、それぞれの項目について、数字や事実を基にして分かりやすく記載していきます。

  • 勤務先の情報について
  • 業務内容について
  • 自己PRについて
  • 資格について

それぞれについて詳しく説明していきます。

勤務先の情報について

勤務先の情報について詳しく記載してあると、採用担当者はあなたが経験してきた業務のイメージをより掴みやすくなり、何ができて何ができないのかを分かりやすく伝えることができます。

記載する情報は、勤務していた業種により異なりますが、下記のポイントは最低でも抑えるようにしましょう。

調剤薬局経験者の場合

  • 基本情報(社名・勤続期間・事業内容・資本金・従業員数・店舗数など)
  • 診療科目
  • 処方箋受付枚数
  • 薬剤師数

病院経験者の場合

  • 基本情報(社名・勤続期間・事業内容・資本金・従業員数・店舗数など)
  • 診療科目
  • 病床数
  • 職員数
  • 処方箋受付枚数
  • 薬剤師数

ドラッグストア経験者の場合

  • 基本情報(社名・勤続期間・事業内容・資本金・従業員数・店舗数など)
  • 店舗売上
  • 調剤併設の有無
  • 処方箋受付枚数
  • 薬剤師数・スタッフ数

業務内容について

業務内容は、職務経歴書の中でももっとも肝心な部分です。ポイントは、何をしてきたのか、何ができるのかを出来る限り具体的にイメージできるように記載することです。また、過去の実績を客観的に判断することができるように、数字や客観的な事実を基にしてアピールをしていくことが重要です。最低でも下記のポイントは抑えましょう。

  • 組織体制
  • 何名の組織で働いていたのかを記載することで、仕事の流れや担当領域、任されている責任などがイメージしやすくなります。
  • ポジション
  • 特に管理薬剤師の経験者は、絶好のアピール材料となります。
  • 対応していた科目
  • 対応経験がある科目は、即戦力となるかどうかの目安となりますので、必ず記載します。
  • 1日あたりの処方箋受付枚数
  • 処方箋受付枚数により、業務の多忙さや対応力、薬局・病院の規模などを推し量ることができます。
  • 具体的な業務内容・業務範囲
  • 特に新人教育、在庫管理など、調剤以外の業務も担当していた場合は、それらの業務内容も具体的に記述することでより評価が高まります。

業務内容については、自分が工夫して取り組んでいた点や、その結果どのような実績を出したのかをアピールするのも一つの手です。アピールポイントが目立つように、簡潔にまとめます。

また、「意識して取り組んできた」「努力してきた」など主観的で曖昧な表現はできる限り避けましょう。これらのアピールをされても採用担当者の心には響きません。

自己PRについて

自己PR欄では、下記のポイントを押さえて簡潔にまとめましょう。アピールポイントはいくつも書くよりも、絞り込んだほうが相手によく伝わります。

  • これまでの経験を活かして、どんな貢献ができるのか
  • どうしていきたいか
  • なぜ、入社したいのか

それぞれのポイントについて補足しておきます。

これまでの経験を活かして、どんな貢献ができるのか

自己PRについては、これまでの経験を活かして、今後は応募先企業にどのように貢献できるのかをアピールします。過去の事例や実績などを織り交ぜることで、より説得力を増すことができます。

また「コミュニケーション力がある」「対応力がある」「柔軟性がある」「責任感があります」など、抽象的な強みを前面に押し出すのもNGです。

それらの能力は、採用する側が判断することであって、あなたが決めることではありません。職務経歴書の書き方やまとめ方、過去の経験や実績などを見れば、その方がしっかりとコミュニケーションを取れるタイプの人なのか、対応力が高い人なのか、などはある程度判断することができるのです。

どうしていきたいか

「何ができるのか」だけではなく、「どうしていきたいのか」という点も盛り込み、意欲をアピールします。ただし、「今後どうしていきたいのか」というアピールと、採用側が応募者に任せたいと感じていることにずれがあると、アピールになるどころか「この人は方向性が合わない」「入社してもらっても期待に添えない」とかえってマイナス評価となることがあります。

採用担当を経験すると分かるのですが、意外にもこうした見当違いの意欲アピールをしてくる方は多くいらっしゃいます。「それがやりたいならうちじゃないよね」と思ってしまう自己PRはかなり多いのです。

そのため、「今後どうしていきたいか」とアピールする上では、応募先企業から何が求められているかをしっかりと把握し、期待されている業務内容なども十分に理解した上でアピールするようにしましょう。

逆にそのアピールが応募先企業の意向とぴったり合致すると、一気に評価は高まります。

なぜ、入社したいのか

採用担当者は、候補者が会社を辞める(辞めた)理由も知りたいのですが、それ以上に「なぜ自社に入社したいのか」という志望動機を知りたがっています。

ネガティブな理由で転職理由を記載するのはもちろんNGですが、志望動機についても、表面的な理由ではなく、相手が納得できるような説得力のある志望動機を記載しましょう。

説得力のある志望動機を書くためには、自分自身のやりたいことがしっかりと定まっていることと、事前に十分な企業(病院)研究ができていることが前提です。

資格について

資格をお持ちの方は、資格も忘れずに記載します。取得年月日が早いものから順に、取得月と併せて記載しておきます。

薬剤師資格や、認定薬剤師など業務に直結する資格はもちろんですが、そのほかにも英語の資格や自動車免許など、保有している資格はしっかりと記載しておきましょう。

転職支援会社に登録して、職務経歴書の作成アドバイスをもらおう

転職支援会社に登録すれば、担当のキャリアアドバイザーから職務経歴書の作成アドバイスを受けることができます。

あなたの職務経歴を棚卸して、簡潔かつ魅力的に職務経歴を記載できるように整理してくれることはもちろん、応募先企業に応じてどのように職歴を引き出していくかなど、より具体的で実践的なアドバイスを受けることができます。

転職支援会社のキャリアアドバイザーは毎日数十枚~数百枚の職務経歴書を見ていますので、とても目が肥えています。下記におすすめの会社をご紹介しておきますので、プロの視点から、優れた職務経歴書の書き方について色々とアドバイスしてもらいましょう。

薬剤師の転職マニュアルのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。