在宅医療の薬剤師求人の選び方なら薬剤師サーチ

薬剤師の皆様の転職がどうか成功しますように。

転職マニュアル

転職会社を活用する

転職支援会社のタイプ

転職支援会社を探す

薬剤師の年収事情

ランキングから探す

人気の条件から探す

スポンサードリンク

薬剤師サーチTOP > 人気の求人条件から探す > 在宅医療の薬剤師求人

在宅医療の薬剤師求人の探し方

ここでは、近年薬剤師の新たなキャリアとしても非常に注目が集まっている、在宅医療の薬剤師求人の選び方やポイントについてご紹介していきます。

最近では在宅医療分野に本格的に力を入れて進出する薬局も非常に増えてきており、それに伴い在宅医療の薬剤師求人も増えてきています。

在宅医療が注目されている背景

在宅医療が注目されている背景には、社会的な要請や調剤薬局各社の事業戦略など様々な要因が絡んでいますが、大事なポイントをまとめると下記となります。

  • 国の財政難に伴う医療費の削減に伴い、療養病床数の削減が進んでいる。
  • 病床数の削減とは裏腹に、高齢者の数は増え続けている。
  • 上記2つを背景に、今後は自宅や老人施設を医療現場とする在宅医療が増えていく。
  • 病院に来院する患者が減れば、病院やクリニックに併設している薬局は既存顧客を失う。
  • 調剤報酬のマイナス改定などにより、薬局は新たな収入源を構築する必要に迫られている。

上記の流れをより分かりやすく噛み砕くと、超・高齢化社会の到来を迎えるにあたり、従来の病院を拠点とした医療体制では全ての高齢者に対して医療サービスを提供することが財政的にも物理的にも難しくなってきているため、これからは医療サービスを自宅や老人施設へと分散、拡散していき、かつて病院が担っていた役割を地域全体が担えるように、医療サービス体制の枠組み自体を変えていく必要があるということです。

これは、医療サービス体制の大きな転換であり、患者は病院から自宅や老人施設へと場所を移していくわけですから、当然、薬局も患者がいるところへと拠点を移さなければいけません。

薬局としても、病院やクリニックのそばで開業していればそれだけで患者が来院してくれた時代は終わり、自ら患者の自宅や老人施設へと出向いていかなければいけなくなった、ということです。

今後、在宅医療分野は市場が急成長していくことは確実ですので、薬剤師のキャリアも、従来の外来調剤から、在宅医療分野へと広がっていくことが予想されます。

在宅医療における薬剤師の仕事内容

在宅医療現場における薬剤師の仕事内容としては、下記が挙げられます。

  • 自宅や高齢者施設へと薬を届ける
  • 服薬指導・処方内容の見直し・薬歴管理
  • 患者や患者の家族への説明・ヒアリング
  • 訪問看護師やケアマネジャーなど他の医療従事者への情報共有
  • 無菌調製を含む調剤
  • 緩和ケア(終末医療)

在宅医療の場合は自宅や高齢者施設へと薬を届け、患者や患者と接するだけではなく、もう一つ大事な役割があります。

それは、医師や訪問看護師、ケアマネジャー、作業療法士など、在宅医療に携わる他の医療専門職スタッフと共に連携しながら、医療サービスの提供に取り組んでいく必要があるということです。

在宅医療の場合、全ての医療従事者が常に患者のそばにいられるわけではありませんので、お互いの医療従事者が密に連携しながら、チームとして患者を支えていく必要があるのです。

そのため、調剤室にこもってひたすら調剤作業に明け暮れるといったことはなく、他者と協働・連携しながら仕事を進めていくコミュニケーション能力が求められます。

在宅医療に取り組むメリット

在宅医療に取り組む代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 今後の成長分野なので、経験を積んでおくことで薬剤師としての市場価値が高まる
  • 他の医療専門職スタッフと連携しながらチームとして医療に携わることができる
  • 患者や患者の家族とより密に関わり合いながら仕事ができる
  • 緩和ケアなどの専門性も身につく
  • 地域医療という大きな仕事に関わることができ、地域医療の発展に貢献ができる
  • これからの分野なので、様々なキャリアの可能性がある

今はまだ在宅医療に参画している薬剤師の数はそこまで多くありませんが、今後は確実に増えていくことが予想されます。今のうちから在宅医療に関するスキルや経験・知識を身に付けておくことで、自分自身の市場価値を大きく高めることができる可能性があります。

在宅療養支援薬剤師といった認定薬剤師資格の取得を目指すのもよいですし、ケアマネジャーなど薬剤師以外の資格を取得し、在宅医療の専門家としてのスキルアップを目指すのもよいでしょう。

また、在宅医療の場合は訪問看護師やケアマネジャーなど他の医療専門職スタッフとの連携は欠かせませんので、チームとして医療サービスに携われることも魅力的です。

そのほか、地域医療へ貢献できるといった使命感を感じている人もいれば、様々に考えられるキャリアの可能性に期待している方も多くいます。

これからの薬剤師にとって、在宅医療は魅力的な選択肢の一つとなっていくことでしょう。

また、在宅医療における薬剤師の役割や仕事内容、やりがいについては、下記のサイトでもよくまとまっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

■YAKUTEN「在宅医療と薬剤師

在宅医療求人に強い薬剤師転職エージェントに相談しよう

在宅医療のお仕事を希望する方は、在宅医療の薬剤師求人に強い転職エージェントに相談しましょう。

在宅医療に取り組んでいるという薬局は数多くあるものの、その取り組み状況は様々です。

届出は出しているものの実際には医師からの依頼はほとんどない薬局もあれば、在宅医療の拠点薬局として本格的に在宅医療を展開している薬局もあります。

また、自宅の患者が中心の薬局もあれば、高齢者施設の患者が中心の薬局もありますし、仕事内容についても、緩和ケアを中心としているところなど、様々です。

どの薬局が実際にどのような在宅医療の取り組みを実施しているのか、また今後実施していく予定なのかについては、ホームページなどだけでは情報収集ができません。

しかし、在宅医療に興味がある調剤経験者の薬剤師を採用したい薬局は山のようにありますので、その中から自分にフィットする求人を見つけるためには、薬剤師転職エージェントに相談するのが一番です。ぜひ相談してみてください。

人気の条件を探すのその他のページを見る

薬剤師転職支援会社の総合ランキングTOP10

1位:顧客満足度94.6%!No,1転職支援サービス「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、新卒就職活動サイトNo,1の「マイナビ」を運営するマイナビグループの薬剤師専門転職エージェントです。マイナビ薬剤師は顧客満足度が94,6%と非常に高い点が強みです。マイナビ薬剤師の利用者の口コミも、かなり高評価が集まっています。

地方の薬局や病院から大手の薬局チェーンまで全国47都道府県の求人を網羅しており、マイナビグループの強力なネットワークを活かしてマイナビ限定の独占非公開求人も保有しています。

また、マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントは実際に自分自身で薬局や病院、企業を取材しているため、求人情報の質も高く、求人票からだけではわからない職場の雰囲気や社風、実際の働き方といったリアルな情報も詳しく教えてくれます。

2位:さくら薬局でお馴染みのクラシスが運営!「ヤクジョブ」

ヤクジョブ

ヤクジョブは、全国300店舗以上を展開している大手薬局チェーン、さくら薬局の運営会社、クラフトグループのクラシス株式会社が運営している薬剤師専門の転職エージェントサービスです。

薬局を経営しているからこそできる、薬剤師の仕事内容や具体的な悩みを熟知した上での質の高いアドバイスやカウンセリングにはとても定評があり、利用者の評判や口コミの評価も大変高くなっています。

また、業界最大級となる30,000件の求人を誇り、全国47都道府県、雇用形態を問わず病院から薬局まで様々な求人を網羅しているので、自分の希望にぴったり合う優良求人を見つけることが可能です。

3位:薬剤師の転職希望者登録者数No,1!「m3.com Pharmacist」

m3.com Pharmacist

m3.com Pharmacist は、東証一部上場企業エムスリーグループのエムスリーキャリア社が運営する薬剤師専門の転職エージェントです。

年間7,200名を超える薬剤師の方々の転職支援実績があり、登録者数No,1の薬剤師転職エージェントとなっています。

また、薬剤師専任コンサルタントの満足度が97%と圧倒的な顧客満足度を誇るだけではなく、入職後の満足度も93,6%と、求人のマッチング精度の方さにも定評があります。

エリア別に分かれている専任コンサルタントによる丹念な薬局の取材や、薬剤師の立場に立った親身で手厚いサポート、対応スピードの早さ、丁寧さなどが、満足度の高さにつながっています。求人紹介スピードも早いため、転職をお急ぎの方にもとてもおすすめできる転職エージェントです。